日 清 修好 条規。 【日清修好条規とは】簡単にわかりやすく解説!!条約締結の背景やきっかけ・内容など

80
important;border-color: e8eaf6! これにより冊封体制の維持を理由に国交交渉を忌避する朝鮮に修交を促した。 また、修好条規批准の際の副島は成婚の賀を述べたの奉呈も行い、清朝皇帝謁見に際しては従来の慣例であったを破ってで押し通し、日清対等を世界に示し、体制の終焉を各国に印象づけた。 中国従〔かつ〕て與聞せず」(朝鮮は中国の藩属国とはいえ、朝鮮の国政・法律は自らで行い、中国自体はそれに対しこれまで関与してこなかった。 『近代日鮮関係の研究』上、原書房、1973復刊(原著はより1940年刊)• 1969年• 清朝の全権を託された李鴻章はこれを一蹴して最恵国条款と内地通商権規定を削除し、領土保全と他国からの侵略に対する相互援助規定を盛り込んだ対案を提起した。 清側としてこの条件を受け入れることはできません。