胡蝶 カナエ。 胡蝶カナエ (こちょうかなえ)とは【ピクシブ百科事典】

カナエは炭治郎と同様に 「鬼は哀れで悲しい存在である 」と考え、今際の際ですら哀れんでいたそうで、鬼殺隊への入隊を決めたのも 「人だけでなく鬼も救いたい 」と思っての事でもありました。

しのぶも童磨との戦いで命を落としますが、2人とも生きててほしかった…! 生まれ変わってから2人でいるのを見るとなんだかホッとします。 カナヲの鍔の型も作りました。 鬼滅の刃 色付けはまた後日します。 だってカナヲは可愛いもの カナヲを心配するしのぶに「重く考えないように」と伝えた時のセリフです。 【まとめ】 実弥がカナエに恋心を抱いていたのか、その真相は明らかにされていません。
27

憎い鬼を殺し、人として普通にあるはずの幸せを守りたいと願うと同時に、鬼にも鬼としての苦しみを絶ってあげたいという想いが感じられる言葉ですね。

自分の両親を殺した鬼を恨んでもおかしくはないのですが、 カナエは「 鬼とは仲良くできる」という考えをもっていた事が、からわかっています。

死の間際、カナエはしのぶに鬼殺隊を止めるように話しました。

しかし、もし実弥がカナエに対して好意を持っていたとしても、それを素直に表出させることはなかったでしょう。

学園ではと部の顧問を務めている。

カナヲが自分の意志で動き始めるきっかけになったのは、主人公・竈門炭治郎との交流であり、二人が後に結ばれたことを考えるとカナエの予想は正しかったといえる。

妹には命を落とす直前に 「鬼殺隊を辞めて、普通の女の子の幸せを手に入れてお婆さんになるまで生きて欲しい 」と伝えますが、両親のみならず姉までも鬼に殺されたしのぶはその言葉を受け入れられなかったようです。

その場にいた童磨。

彼女は鬼を「哀しい生き物」とし、人と鬼とが共に生きる道を模索していました。

いよいよ注湯作業です。

90