核 の ごみ 文献 調査。 ニュース知りたいんジャー:核のごみ処分場 根深い問題

応募検討に向けた動きは寿都町以外にも見られる 放射線が十分安全なレベルに下がるまで数万年から10万年を要する
しかし、「全国に理解活動を広げる」という以外に国などから具体的な対策は出されていない 寿都町でも町民や議会の理解を得ないまま町長が突然、応募検討を表明した
この 廃液 ( はいえき )は 強 ( つよ )い 放射線 ( ほうしゃせん )を 出 ( だ )して 危険 ( きけん )なため、ガラスと 溶 ( と )かし 合 ( あ )わせて 固 ( かた )め、ステンレス 製 ( せい )の 容器 ( ようき )に 閉 ( と )じ 込 ( こ )めます このため、文献調査の実施に際しても、多様な関係者や住民が参画する「対話の場」を設置することが重要なのです
大量の放射線が出て極めて危険なため、ガラスと混ぜて固め、地下300メートルよりも深い地層に埋めて処分する方法が法律で定められている いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、北海道神恵内村が調査の第1段階となる文献調査の受け入れを伝える文書を国に送りました
出典:2020年10月8日 NHK NEWS WEBから抜粋 神恵内村が文献調査受け入れ決定 いわゆる「核のごみ」の最終処分場の選定をめぐり、後志の神恵内村は調査の第1段階となる文献調査を受け入れることを決めました 同日、経済産業省が調査実施に必要な事業計画の変更を認可した
国民を巻き込んで、原子力政策の見直しに向けた議論を急ぐべきだ NUMOは町の応募を受けて簡易な調査を行っていた
60
記者会見した高橋昌幸村長は、こうした要請を加えた理由について「村民から寄せられた意見や不安の声を反映させた」と説明。 9日午後には経済産業省の幹部が村を訪れて文献調査の実施を申し入れ、そのあと村議会の議員協議会が開かれ、申し入れについて意見が交わされました。 調査応募に前向きな寿都町に、北海道の鈴木直道知事が乗り込んできた。 だが、鈴木直道・道知事が「札束で頬をたたくやり方」と批判するように、交付金頼みの財政運営を始めると、途中で抜け出せなくなるのは明らかだ。 国は「受け入れ地域に対する敬意や感謝の念を国民で共有する」というが、道外の市町村から手が挙がらない状況が続けば議論は広がらず、国民が課題を共有するのは難しそうだ。 【「核のごみ」最終処分地選定調査】 (1)文献(2)概要(3)精密-の3段階で実施される。 これと並行し、調査の進捗(しんちょく)報告や地域振興策について地域住民と意見交換する「対話の場」を開催する計画だが、時期や頻度は未定としている。 住民の生活と地域の未来に関わる重要な問題だ。 これから本格的な知識を学ぶスタートラインにやっと立った」と語った。 文献調査は国の手続きが順調に進めば、年内にも始まる見通しです。
52