動画 容量 小さく。 Windows 10パソコンで動画容量を小さくして圧縮する方法(高画質)

9

再生時間を短くする メールに添付する動画は、7〜10秒ほどの短いものが最後まで視聴されやすいといわれています。

メリットとしては、対応しているメーラーが比較的多いこと、Webサーバーから読み込むため添付ファイルのサイズ制限を受けないことがあげられます。

続いて、もともとファイルサイズの小さいものをSサイズでエンコードした結果は下記のようになりました どちらも、まだビットレートが高いくらいなので再生は綺麗(きれい)です。

圧縮が完了して後で、「ダウンロード」を押して、圧縮された動画を保存します。

これで動画から不要な部分を消去でき、動画ファイルの容量も小さくなります。

51
その逆に、「選択した部分を保存」をクリックします ステップ1. 動画圧縮無料サイトで動画サイズを縮小 難しい設定をしたくなければ、ビデオを圧縮するフリーソフトがおすすめです
MP4ビットレート・フレームレート変更 動画のビットレートや・フレームレートについては、高ければ高いほど映像の情報量が増えるので、ファイルのビットレートとフレームレートを低く変更すればMP4動画も圧縮できます レンダーキューに追加 最後にビデオタブの設定内容に間違いがないか確認して下さい
・動画圧縮方法2:不要なシーンをカットして動画を短くする 1)タイムライン上で再生インジケーターをドラッグして、不要シーンに合わせます 自動のautoでも問題ありません
トリミングしたい動画をソフトに追加します GIFアニメをメールに添付する GIFアニメーションファイルをメールに直接添付します
DaVinci Resolveで動画にぼかし・モザイクをいれる(公開予定)• また、ビデオトリミング、 動画圧縮、mp3変換などの便利な機能も付いています ファイル圧縮はzip形式がおすすめで、WindowsでもMacでもメニューから簡単に行えます
Windows 10で動画容量を小さくする手段 動画のビットレート、フレームレート、解像度、トラック数、長さ、GOP、コーデックという7つの要素は動画のサイズを影響します メリットは、HTMLに対応するほとんどのメーラーで表示できること、動画ファイルを直接メールに添付するため、Webサーバーなどのインフラを用意する必要がないことです
DaVinci Resolveで動画をスロー再生にする(公開予定)• 大容量HDと4K映像を高効率に圧縮する方法 高画質なHD動画やデジカメで撮影した動画などの容量が大きすぎるメディアファイルを圧縮するのが便利です からわかるように最適なレベルが異なりますのでわからない場合はautoで問題ありません
1)「Filmora」を起動します 映像技術以上に訴求したい内容にこだわる 機能性を訴求するCMのような動画よりも、商品を使ったときの「before/after動画」の方がリアルさから好感を得られます
すると保存先を指定するウィンドウが開きます 最後は、「ビデオを完了」をクリックして、「ビデオの画質」を1080P、720P、540Pから設定します
31