ベジータ。 ベジータとは (ベジータとは) [単語記事]

マントの留め具には「菜」の文字が書いてある。

Contents• さらに新たなDLC『炎と破壊神編』のエクストラミッションではによって大量のエネルギーを送り込まれ強化された相手にアニメ同様ブルー進化でのを使うもかき消されてしまう。 しかし、人造人間18号には完膚なきまでに叩きのめされて超サイヤ人のさらなる可能性を模索し、精神と時の部屋でトランクスとの修行を経てパワー、スピードを格段に上昇させた 超サイヤ人第2段階へと変身し、セル第二形態を圧倒する強さを見せた。 超サイヤ人ゴッドは超サイヤ人ブルーより負担が少ないという特性から、普段は超サイヤ人ゴッドで戦い、攻撃時だけ超サイヤ人ブルーになることでパワーを溜め込んで攻撃するという戦法でブラックを圧倒した。 モロに対してはスピリットの強制分離を駆使し、徐々に追い詰めていき、モロに囚われていたエネルギーを解放させていく。 日本初、世界初の機能を搭載した機種が多い。 かめはめ波と類似しているが手や足の構え方が違い、左に構えて両手で放つ。 」と三つを作って自慢げにるも、オニオからンもンに可なことを教えられて即座にしてみせる。 ブルマの誕生日パーティーには当初は重力室でのトレーニングに集中しているため参加していなかったが、トレーニングの最中に誕生日パーティーに参加するようブルマから電話で催促され、途中から参加している。 アニメではブウが自分たちの攻撃からブウ(善)をかばう様子を見て弱点があると判断した。 ()も加えて2度の対戦に挑んだが、の3つの願いで脱走したに苦戦。
渡辺彰則編「孫悟空戦闘力成長の軌跡(82頁)」「技辞典(128頁)」『DRAGON BALL大全集 7巻』集英社、1996年2月25日、、82頁、128頁 絶望の未来 未来トランクスがいた時代を描いた劇場版「絶望の未来」では、17号に殺されている
殺される際はながらにを倒すことをに懇願した ダメージを与えることで、合体や吸収を行った者からそれらを無理矢理はがすことができる
・ャーに対し、のとをさせ、をから落とした 背中のボタンを押すと、 アッパーカットを繰り出すという代物だ
左右の手から交互に気弾を放つ 」と怒られて反撃のを喰らい自慢のに破れが生じ、さらに時代からのである背後を取られて巨大を放たれる
ナッパに使用した技 しかし、ザーボンの予想以上に早く完治し、迅速な判断によってフリーザが持っていた5つのドラゴンボールを奪い、宇宙船から脱出
が立たずに敗走し、でを重ね、を解除した時のをする 劇場版「」ではサイヤ人としての正式な名前は「ベジータ四世」である事が明らかになった
ドドリアからは「惑星ベジータが滅びたのは巨大隕石の衝突ではなく、フリーザの仕業だった」ことを聞かされたが、その時は驚いた様子を見せたものの「仲間の死などどうでもいい」と一蹴する 本人曰く「醜くて嫌」なので本当は変身したくないという
が人に襲われた際にを守ろうとしてを離して消滅しかけたが、が核を踏んで、が複製を消滅させたことで助かった 劇場版『ブロリー』では悟空のかめはめ波と同時に使用
さらにがので一日だけ復活すると聞き、気合が入る ネコマジン 『』ではフリーザの息子クリーザを連れ戻すため地球にやって来て、ネコマジンに「一秒で片付けてやる」「もし負けたらをおごる」と豪語するが、ネコマジンがギャグマンガの特性を持つとわかると、「携帯が鳴った(急用ができた)」と嘘をついて地球を脱出し(音がしなかったことを突っ込まれると、「マナーモードにしていた」と慌ててごまかしている)、「二度とギャグマンガには出ない」と言い残した
「ファイナルフラッシュ」と「ビッグバンアタック」の習得が 本作最大の難関と言われるのは語り草である 再び未来へ行き、ゴクウブラックを圧倒する戦闘力を身に付けたが、人間の可能性に危機感を覚えたザマスはゴクウブラックとポタラで合体したことで苦戦を強いられる
35