オイル ショック と トイレット ペーパー。 【日本のエネルギー、150年の歴史④】2度のオイルショックを経て、エネルギー政策の見直しが進む|スペシャルコンテンツ|資源エネルギー庁

これはあくまでも安売りによって売り切れてしまうという意味でした。

2度のオイルショックを経験した日本では、エネルギーの安定的な供給の確保が最重要課題であると改めて位置づけられました。

トイレットペーパー騒動、ふたたび 琴葉茜: この動画の撮影日が3月4日なんやけど、トイレットペーパーどころか、普通のティッシュも売り場からなくなってもうたわ。

日本に限らず世界中で似たような情報がインターネット上に流れ、台湾や香港、オーストラリアやアメリカでも買い占めが起こっています。

この結果、戦争ではイギリス側が勝利しました。

重要なのは、当時 紙の供給はオイルショックの影響を受けることなく安定していた。

石炭から石油へと舵を切り、エネルギーの8割近くを輸入原油に頼っていた日本も例外ではありませんでした。

さらに政府は、 石油緊急対策要綱を閣議決定し、総需要の抑制に努めます。

第二次オイルショックとその後 1979年にイランで起こった革命( イラン革命)によりイランが石油の生産を中止しました。

98 47