安否 確認 システム。 安否確認システム6選を比較【2021年最新版】

家族の安否が不明であったり、すぐに避難しなければならなかったり、という緊迫した状況において、使いづらいシステムは従業員にとって大きな負担となります。 家族版には携帯端末を持たない高齢者や幼児・ペットの安否確認機能もあります。 (1)安否確認システムでできること 安否確認システムを用いることで企業は災害時などの非常事態が発生した際に自動で社員の安全を確かめられる安否確認を送信する事が可能になる。 2011年の東日本大震災のような大災害も発生する中、企業には従業員の安否を確認するという社会的責任と、事業継続の可否を素早く判断することが求められています。 緊急時はもちろん、緊急用の連絡網としても活用することができます。 結果として、事業を再開するまでの時間が短縮できます。
41

自動一斉配信のないライトプランの場合はより安価に導入可能。

一方で、そうした働き方を導入したくても、 「整備すべき環境が多すぎる」 「導入に人員やコストが割けない」 「ツールが多すぎて手間がかかってしまう」 といった、お悩みを抱える総務担当者の方も多いのではないでしょうか? ソニービズネットワークス株式会社が提供するsomu-lier tool[ソムリエツール]は、そうしたお悩みの解決をサポートする【完全無償】のサービスです。

しかしその他の基本的な機能は網羅している上、 1ユーザー月額80円と運用コストは安価です。

IDもパスワードもメールアドレスも不要で災害時でも誰でも簡単に操作ができる安否確認サービスです。

たとえば、「セコム安否確認サービス(セコムトラストシステムズ株式会社)」なら、管理者用画面・従業員用画面を日本語と英語で切り替えて表示することができます。

売上規模:全ての規模に対応• 料金: 要問い合わせ(1人当たり月100円、100ID(月10,000円)から契約可能 料金案内 ページ: 16. 例えば非常事態発生時に社員の安否確認を担当者がメールなどでいちいち送っていると安否確認の連絡を送るのにも時間がかかってしまいまた安否確認の連絡が帰ってきた際にデータを集計するのに時間がかかってしまう。