爪 横線 へこみ。 爪のへこみからわかる健康状態

白点は割と起こる現象ですので1個くらいならあまり気にする必要はありませんが、複数本の爪に白点が出る場合は亜鉛を意識して摂るようにしましょう。

爪が凸凹・がたがたしている 爪の表面が凸凹していたり、がたがたになっていたりする場合は、爪を作る元となる「たんぱく質」「鉄」「亜鉛」「ビタミン類」が不足している場合に起こりやすくなります。

「爪甲」とは別名 「ネイルプレート」(Nail Plate)とも言い、一般的に「爪」と言う時に指す爪そのものの名称です。

横のへこみは体のどこかに何らかの異常がある可能性が高い• 爪の線の原因は? ある日爪を見てみると爪に線、筋が出来ていた…というのは珍しいことではありません。

症状別に不足している栄養素を確認して、食生活を見直しましょう。

軽くやすりで磨けば、少しは目立たなくなります。

爪に縦線がでる 爪の縦線は皮膚にしわが出来るのと同じように主に加齢が原因です。

このような爪のへこみで、よくあるのは鉄分や亜鉛、タンパク質といった栄養素が一時的に不足してしまったことです。

爪ヤスリ(荒目と細目両方ついたタイプが便利です)• まとめ 爪のへこみは、セルフケアで解決できるものとできないものがありますが、もし病気にかかっていたとしてもそうした爪の異常が早期発見に繋げてくれるのです。 保湿クリームやネイルオイルなどで爪と爪周辺、特に爪母(爪根元)をケアします• これ以上割れが進まないようにする対処方法は、今生えている爪は普段からハンドクリームなどで保湿をし、薄い場合にはハードナーで強化します。 ただし、あくまでも「へこんでいる部分が作られた時の体調」が原因となる爪のへこみですので、目立つ部分まで生えてきた時には、すでに体調は改善されている可能性もあります。 「健康なツメは緩やかなカーブを描いて、表面にすじなどがなくツルツルしています。 また、栄養不足や不規則な生活によって、爪母の役割が妨げられてしまい、横筋のある爪が生えてきてしまうこともあります。 治し方 日ごろ爪の根元を触るクセがある人は、すぐにやめるようにしましょう。 糖尿病などの生活習慣病や動脈硬化、心疾患など病気を見つける手がかりにもなります。 動物性タンパク質は爪に弾力を与え、植物性タンパク質は爪を強く丈夫にする働きがあります。 毎日わずかのシリシアを摂取することで、十分な量を無理なく補うことができます。