艦これ 嫌われ 後悔 ss。 明石「素直になる薬です」提督「ふーん」

「死んだか?…ふはは! 時空管理局に勝てるはずがない!」 男たちは仮面ライダーを倒したと 喜んでいた だが…彼らの絶望までの時間は 僅かだった で、そのスイッチは押すとどんなことが起きるんだ?」 夕張「誰かのことを考えながらこのスイッチを押すと、その人はスイッチを押した人のことが大嫌いになるんですよ」 夕張「で、こちらの元通りスイッチを押すと元に戻ります……嫌っていた時の記憶を残したまま」ニヤァ 提督「……夕張、そこに座れ」 夕張「え?はい」 提督「いや、なにも床に座らなくともそのソファでいい」 夕張「あ、そうですか?」 SSWiki : 提督「夕張、俺たちの鎮守府が特殊であることは、貴艦も所属している以上知っているだろうな」 夕張「それはもちろんです
酷い話だ」 少将「仕方あるまい 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い
本題に移ろう」 大佐「はい 大規模作戦の失敗は事後処理が大変ですから」 少将「本当にその通りだ
急ぎの書類はないでしょう?」 提督「急ぎでは、ないけど…」 加賀「なら今日はもう休みましょう 戦争終結から10年、深海棲艦が再び姿を現わす
そして貴艦らも、日々厳しい訓練を重ねてくれている 貴方の頼みといえど、それだけは難しいお願いだ」 少将「. 意外と好かれていて嬉しいけど、やっぱり普段のあの子らがいい」 明石「喜んでくれてるようで、作ったかいがあったというものですよ」 提督「喜んでるように見えたか?ちゃんと反省文を書け」 明石「わ、わかってますよ…」 大井「明石さん、頼んでおいた魚雷の開発を…あ」 北上「あ、提督じゃん」 提督「よっ」 北上「演習終わりの疲れてる時に提督に会えるのはラッキーだったねぇ
意外と好かれていて嬉しいけど、やっぱり普段のあの子らがいい」 明石「喜んでくれてるようで、作ったかいがあったというものですよ」 提督「喜んでるように見えたか?ちゃんと反省文を書け」 明石「わ、わかってますよ…」 大井「明石さん、頼んでおいた魚雷の開発を…あ」 北上「あ、提督じゃん」 提督「よっ」 北上「演習終わりの疲れてる時に提督に会えるのはラッキーだったねぇ では、今日ここに呼んだのは料亭で楽しく食事でもするためですか?」 少将「まさか
試作品ということなので使用して何が起きるか分からないので 俺達が後の世でどう評価されるかはわからない、だがそれでも…その時、自分の中の最善を信じて歩んだ道に後悔はない
特に麻婆豆腐がな」 運転手「少将の行きつけなら、いつでも連れて行ってもらえるはずですよ」 大佐「それでも良いが. 貴方の頼みといえど、それだけは難しいお願いだ」 少将「. 青葉が言ってました」 提督「ウソくせぇ…」 加賀「女は度胸 逆らえば極刑は免れないでしょうね」 少将「だろうな

加賀「雪風……!!」ギリギリ 雪風「ひぅっ」 翔鶴「加賀さん、八つ当たりはダメですよ?」ニコニコ 2 翔鶴 36 加賀 加賀「くっ……!」 夕立「くじ引きって後の方が有利っぽい! 最初で当たる確率は低いっぽい! 最初に引く人達は捨て駒っぽい?」 千代「あっ!」 夕張「あちゃぁー……」 加賀「ぷっ……あら? ごめんなさい、捨て駒さん。

これにより一時、練度の高い駆逐艦が前線を離れる事となり練度の低い駆逐艦の成長にも役立ったようだった。

男たちの動きが殆どが止まり、 ゆっくりとした動きになっていた。

彼女達の元から徐々に妖精達が消えていってる事も知らずに。

『妖精が見える』 ただそれだけで提督にさせられた15歳の少年。

いつまでも見ていたい景色だろう」 扶桑「はい。