諸 行 無常 と は。 平家物語の冒頭で有名な諸行無常とは|一休和尚の幼い頃のとんち話

姿勢動作的改變,使人不察身體的存在原來是苦;連貫起秒秒消逝的時間,使人不察事事物物原來無常。

25
しかし、ふたりのお坊さんが言わんとすることは同じです。 日本人と「無常」 [ ] 「祇園精舎の鐘の声」で始まる軍記物語『』、の「願はくは花の下にて春死なん その如月の望月の頃」に代表される散りゆく桜と人生の儚さ、の随筆『』、「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」で始まるの『』など、仏教的無常観を抜きに日本の中世文学を語ることはできない。 假如比丘,在這個世間,有指甲上的這麼一點點土那樣的物,是永住常恒而不變 易的話,你便不能以我所教清淨行,將苦滅盡了。 在那些 質問中,例如: 『比丘們,凡要正確地滅一切苦,應如何思量?』。 お経のお言葉なら「 諸行」で、『 歎異抄』なら「 万のこと皆もって」です。 善哉 ,大德,請您將這些意義講給我們聽,比丘們會聆聽世尊的話語,將它受持。 對於那些質問,比丘弟子們,答得很好的也有,答得不好的也有,答 得不好的,向師的釋尊膜拜後說: 『大德,對於我們,法是以世尊為本,以世尊為導者,以世尊為所依。 願有幸聽聞佛法的人,應警惕身命危脆、輪迴可怖,利用來日無多的光陰,趕緊修行。 崩れたら新しいものを頼りにするのですが、また崩れて行きます。
88