細川 ガラシャ 子孫。 明智光秀の娘 細川ガラシャの子孫が有名人だらけで凄すぎる!

『細川ガラシャ夫人』• さらに、細川忠興はガラシャの周りから 徹底的に男性を排除します ガラシャの葬儀はキリスト教の形式でおこなった それぞれ詳しくみていきましょう
『鈴木さん総理をすぐおやめなさい』 IN通信社 1982年• 同じ頃、『玉子』は旦那の同僚、高山右近からキリスト教を知って密かに興味 自民党は下野したことから、細川護煕は、当選たった1回で、ついに連立政権の内閣総理大臣に上り詰めました
『まかせてみては? その後、妻・千世が実家の前田家に逃れた為とも、徳川家が細川家と前田家の婚姻関係を良く思っていなかったためとも伝わりますが、父・忠興は忠隆に千世との離縁を迫ったといわれています ・長男: 忠隆 ガラシャが幽閉されている間は、母と離れて育ちました
細川忠興のガラシャへの愛情を感じるエピソード 細川忠興はガラシャを心から愛していました その後、幕府の命により、小倉から肥後熊本に国替えとなり、熊本藩主となります
彼は千利休が豊臣秀吉から蟄居を命ぜられて堺へ下るとき、「淀の渡し」まで見送りにいっています 細川忠興の簡単な年表 ・1563年(0歳) 足利義昭の幕臣・細川藤孝(幽斎)の子として誕生
岩倉具視の玄孫にあたる 加山雄三氏、岩倉具視の来孫にあたる 喜多嶋舞氏も、光秀やガラシャの子孫になります ・1620年(58歳) 3男・忠利に家督を譲り中津城へ蟄居
こちらの名のほうが知られていますね ガラシャの幽閉が解け、大坂の細川家の屋敷に戻って来ると、忠興は四六時中妻を監視するようになりました
興秋を切腹させる 夫 前田景定は、秀吉の怒りをかい自害しますが、その際、細川家の尽力で離縁し出家したといわれています
山崎の戦い後細川家に保護され、天草の乱で亡くなったそうです 玉が輿入れした勝龍寺城跡を勝竜寺城公園として整備した1992年から毎年開催されている
当時の方は、名前が複数あることは珍しくないので、全員同一人物である可能性もありますが… なお、明智光秀の子孫としては、下記の武将の名が見受けられます
51

『』(コメンテーター)• 細川護煕お前もか!佐川急便不正融資問題で三日天下 細川護熙の天下も、しかし1年と持ちませんでした。

「戦国期の『家』と女性-細川ガラシャの役割-」、京都橘女子大学女性歴史文化研究所編 『京都の女性史』 思文閣出版、2002年。

織田昌澄は、豊臣家の滅亡と自身の敗北により、死罪を懇願したと伝わります。

政治評論家で元衆議院議員の 細川隆元 (たかちか)や甥の 細川隆一郎(政治記者、評論家)は 細川忠隆の子孫 (すなわち光秀やガラシャの子孫) 細川隆一郎の娘さんの 細川珠生氏は政治ジャーナリストで、キリスト教の信者で 洗礼名は ガラシャとのことです。

『玉子』は17歳で長女を出産、18歳で長男の忠隆を出産し、幸せな結婚生活だったと思われます。

なお、信長が8月11日に明智光秀に出したがある 『細川家記』。

殿様として生まれ、新聞記者となり、知事から国会議員、そして総理大臣にまで上り詰め、今は陶芸家という経歴を持つ政治家は、彼をおいて他にいません。