ブリッジ 回路 合成 抵抗。 電検三種「理論」不平衡のブリッジ回路の合成抵抗の求め方

テブナンの定理を使った回路の計算方法や、テブナンの定理の証明についても解説していますので参考にしてみてください。
電流計、電圧計無しで抵抗値を測定できる 抵抗器の抵抗値を知りたいときは、電圧と電流を測定して、オームの法則による計算で抵抗値を求めればいいのですが、ホイートストンブリッジを用いれば、その必要がありません。 この回路の等価回路を作成していきます。 興味がある人は「, 鈴木登紀男 他, 学献社」や「, 電気学会」などを参照していただきたい. 上の計算式においてそれら2つの値を変更しても I 5 の値は 0 になります。 ジュール熱が発生する理由(原理)についても解説していますので、ジュール熱・ジュールの法則の勉強の参考にしてみてください。 テブナンの定理を使った回路の計算方法や、テブナンの定理の証明についても解説していますので参考にしてみてください。 この回路でいくと 【重ね合わせの理】や、 【ミルマンの定理】などを使うと簡単に解答することができますが、基本的なキルヒホッフの法則も適用できます。 重ね合わせの理の考え方について 重ね合わせの理という考え方では、その名の通り 回路図を合わせるという考え方になります。 ホイートストンブリッジの検流計の扱い方とか、 公式とか。 内部抵抗をもつ電源は、負荷に供給できる電力に上限(限界)があります。
40
ということで、並列合成をした後に直列合成をします。 少し回路を展開するコツがいります。 上記の回路を見てもらうとわかりますが、キルヒホッフの法則は適当に決めた電圧や電流を使って答えを導く公式になります。 なぜなら、 キルヒホッフの法則さえ使いこなせればホイートストンブリッジは理解できるからです。 BD間は導線でつながっているのに電流が流れないのです。 ノートンの定理は等価電流源の定理とも呼ばれ、回路の特定の素子にかかる電圧を求めるときに有用な定理です。 このように、並列接続のときは抵抗の逆数(コンダクタンス)を足して合成抵抗を求めます。 この値が同じだったら、回路が平衡しているといいます。
6