大政 奉還。 大政奉還とは

90
長崎から上京してきた後藤象二郎は、薩摩藩の挙兵計画を聞き、何としても内乱を避けなければならない、と考えます そこで新政府側の薩摩藩が徳川慶喜を散々挑発、ついに徳川慶喜はこれに乗ってしまって武力衝突を起こしたのです
これを王政復古の大号令と言います 事実、長州藩のは「 一橋慶喜の胆略はあなどれない
苦境に立っていた土佐藩参政後藤象二郎と平和的な政権交代を考えていた坂本龍馬の利害が一致した妥協的構想論が大政奉還でした
公武合体には朝廷の権威を借りることで「幕府の意見=朝廷の意見」という図式で雄藩を従わせようという意図がありました 一方で、に請われての改革を行ったや・ら開明的な幕臣などによって、大政奉還論(大政返上論)が早くから提唱されていた
そのため龍馬は、将軍が大政を朝廷に返したことを知るや、体をよじりながら、「これで戦争は起こらぬ 激動する政治の場では、相手の内情や本当の実力は見えません
このため、 大政奉還で幕府を失っても徳川政権は存続できると考えたのです そのため、坂本龍馬の仲介によってそれまでお互い憎しみ合っていた長州と手を握り、薩長同盟を結んでいたのです
大河ドラマ「徳川慶喜」 放送日時:2020年9月15日(火)スタート 月-金 朝8:00~ 番組ページ: 出演:本木雅弘(徳川慶喜)、菅原文太(徳川斉昭)、石田ひかり(美賀)、大原麗子(れん/語り)、堺正章(新門辰五郎) ほか 制作:1998年/全49話 関連記事:. しかし小松が辞職するべきだと進言したこともあり、慶喜は10月24日に辞職も朝廷に申し出る その近代的装備によって、高杉晋作を中心とした長州軍は 悪府軍を破ったのです
3年()3月・翌元年()4月に、それぞれ一定の留保のもとで大政委任の再確認が行われ、それまであくまで慣例にすぎないものであった大政委任論の実質化・制度化が実現した 長州・薩摩は、幕府関係者を排除しなければ新しい政治は不可能であると考えていたのです
これは徳川慶喜が大政奉還を行った理由の1つ、 「大政奉還を行っても政治の主導権を握れる」が関係してきます 王政復古時点では、総裁には、三条実美、議定には岩倉具視がなっていました
慶喜は、そこまで予測していました 『幕末維新史の研究』〈日本史学研究叢書〉、1996年、188-192頁
45