塩化 カリウム 製剤。 スローケーの製造中止〜カリウム製剤の切り替えについて考える│薬剤師の脳みそ

20

常用量の1日K量:32mEq/日 アスパラカリウムとのK量の常用量上限比 1:0. カリウムを薄めずに静脈注射してしまう医療事故が起こっている カリウムを静脈注射すると、患者さんが死に至る危険性が高いため、静脈注射できないような構造になっています。

8〜134mEq 塩化カリウム徐放剤 ケーサプライ錠600mg 8mEq 1回1200mg 1日2回 1日合計32mEq グルコン酸カリウム グルコンサンK細粒 2. この問題を別の見方でとらえると「どれくらいの濃度(濃さ)で投与するか」という問題になる。

また、スマホ専用アプリもあるので仕事の合間でも勉強しやすくなっています。

医学教育では「カリウムのワンショット静注は最悪死に至るため禁忌」と習った。

1).過量投与時高カリウム血症が認められた場合は、カリウムを含む食物や薬剤の制限又は排除、カリウム保持性利尿剤の投与が行われている場合にはその投与中止。

これさえ読めばカリウム異常の治療は怖くなくなるだろう。

〇〇カリウムの違い! 最初の表にあったように、カリウム製剤には• 過量投与時、一般に高カリウム血症は初期には無症状のことが多いので、血清カリウム値及び特有な心電図変化(T波の尖鋭化、QRS幅の延長、ST部の短縮、P波の平坦化ないしはP波の消失)に十分注意する。 さらには、eラーニングを受講(有料)して研修認定薬剤師の登録や更新に必要な単位を取得することまで可能です。 9mEq) と書かれている。 2.希釈し静脈注射を行う。 2020年にノバルティス社のスローケー錠(一般名:塩化カリウム徐放剤)が販売中止になったことからも、経口カリウム製剤の切り替えや比較をされるケースが増えたのではないでしょうか。 4g)を 3 回に分割経口投与する。 2020年6月8日閲覧。
66