ひき こ さん vs こっくりさん。 2114 ひきこさん VS こっくりさん

とは言え、低予算の作品であるが故に、特殊効果やメイクは安っぽい。
この番組は2013年夏「ニコニコホラー百物語」の再放送でお送りします 『VS』モノは、往々にして変化球の作品が多いが、本作品は直球勝負だった
主題歌「Arcadia」• 『ひきこさん VS 口裂け女 11 』に続いて、ひきこさんを演じた 思い余って恵美が自殺しようとした時、一人の老婆が現れた
次第にイジメがエスカレートし、親友の 3人が先生に相談したことで、遂には暴力に発展してしまう 然もスカート丈が微妙に短い
けれど、それ以上にイジメにあっている恵美を助けられないことが心を重くしていた ……という展開
水沢亜紀• 青山路代• その隙に亜紀はさおりを自宅まで送り届ける 岩鎌智美• 恵美はこっくりさんの根源である狐の霊に憑りつかれ、いじめっ子たちを次々に呪い殺していく
そこにはひきこさんに引き摺られて行方不明になった人たちが飾られていた めぐみは復讐のためコックリさんに魂を売る
竹内 恋• 相元晴名 メディア• 録音:坂野 裕• 沙織役を演じたのは、阪本麻美さん 両親が口をつぐんでいるのが、その証拠だ
(或いは着替え) 実に立派な基本方針だ ありさ• その瞬間さおりは大量の血を吐く
撮影:• プロデューサー:香取大介、境野康幸、小浜圭太郎、丸山恵子、柿木浩一、鈴木 智• 電動こけし事件の女優さん コックリさんと化しためぐみに首を締められるさおりに突進してくるひきこさん
プロデューサー:香取大介、境野康幸、、丸山圭子、• ……というお話し
97
どうして、こんなに汚いジャケットにしてしまったんだ? 本編は、『VS』モノなので、或る意味、明るい それに、カワイイ女子高生がいっぱい出て来るんだからさ、そっちの画像をいっぱい使おうよ
企画:榎本 靖• その方が、ギャップを演出できて面白かったんじゃないか? 【感 想】 「女子高生が制服姿で逃げ回る正統派のホラー映画」 セーラー服じゃないのは残念だが、女子高生が制服姿で逃げ回る正統派のホラー映画である 次に目覚めると、さおりたちの前に無数の死体があった
生田晴香• こちらも元グラビアアイドルとのこと エロは、ホラー映画の基本原理だし、シャワーシーンは原則だ
3週間二人で飲み食い三昧の日々を送ったと話しをしていた 恵美はリンチにあい、常軌を逸して顔つきまでも変わってしまった
特殊メイク監修: キャスト• 助監督:• 彼女も執着から鬼と化した哀しい女性だった 桜まゆみ• イジメられっ子から狐憑きまで大熱演だった
開演前に登録いただくことをおすすめします 次第にそのイジメはエスカレートしていき、めぐみは自殺を図ろうとする
EED:亀山和寛• 野地みりな• 制作協力:ゴセント• アシスタントプロデューサー:• 元タレントさんとのこと 谷口奈々• 世界中を恐怖の渦に巻き込んだ、『呪怨』シリーズ最新作! 「呪われた家」かつてそこで凄惨な末路を辿った佐伯一家
監督:• そしてよしかの取り巻きたちにもコックリさんの魔が乗り移る 編集:• 青山路代• そこはひきこさんの闇の世界だった
音楽:濱田勇樹、柿崎清一• 佐藤ゆかり• 高野瀬ますみ• 苦笑 ひきこさんに幼い息子を奪われ鬼となり、メフィストフェレスの役回りである老婆を演じたのは、相元晴名さん 恵美が狐憑きに至るまでの過程も、見応えがあった
帰り道ひきこさんに友達の1人が殺されさおりに助けを求める 「これがあれば復讐できる」と手渡されたのは1冊のノートだった
75