バッハ シンフォニア。 バッハ「インヴェンションとシンフォニア」とは?特徴と練習方法を解説

BWV 793 —• BWV 948 —• このバロック時代にシンフォニアと呼ばれていたものが発展し、シンフォニーとなっていきました BWV 963 —• 歌詞にカエルが登場した経緯とは? 19世紀のフランスやドイツでは、中産市民階級の台頭を背景に、世俗的合唱曲を中心としたアマチュア合唱運動が盛んとなった
対位法の難易度としては、一つ上に挙げた3曲の方が難しいです バッハの楽譜はとても多く出版されており、どの版がいいのか、解釈はどうするのがいいのかというのは先生によって分かれてしまいます
BWV 949 —• 6度音程のポジション• このことからシンフォニアの15曲にはそれほど大きな難易度の差はないということが言えるのではないかと思います これで、「指をおさえておこう、離しちゃダメだ、ちゃんとのばして…」と気をつけていると、今度はこんなことになっちゃうことがあります
その素晴らしい力を生かすためには、シンフォニアのような多声作品の習得は不可欠と言えるでしょう BWV 846 — , No. 音程・和声を感じ・聴く 異なる音が2つ同時になれば、「音程」が発生します
和声、調性の移り変わりがとても美しいので、一音一音を大切に聴いて弾きたい曲です バスは腕の重みを多めに乗せて安定感のある音
その音楽的な内容に集中できるよう、弾き分けや暗譜などはストレスなくできる力を身につけられたらと思います 第11番:• 3番と同じく、しっかりまとめつつ、よく歌える人にもオススメです
20

どうして弾きにくいと感じるのでしょうか。

第6番:• BWV 800 —• とイメージするのもいいかもしれません。

だいたい、• とは言え、いくつか注意深く練習しなければならない箇所もあり、じっくりゆっくり、こちらも意味を理解してやっていきたい曲です。

分析つきの楽譜を使うのも良いのですが、できれば簡単なポイントでも良いので自分で見つけていくことが大事だと思います。

たとえば右手で、この赤い糸(メロディ)を持って奏でるイメージを持ってみてください。

第12番:• 2声はインヴェンションでもやっているので、まだ聴きやすいとは思います(とは言え、奥が深く難しいですよ)。

さきほどの例です。

BWV 903a —• インヴェンション第1番の曲は、この2つのモチーフだけで出来ています。

92