鉄 仮面 スカイライン。 昭和59年 スカイラインクーペ 鉄仮面RSレストア

IとIIの違いはCDプレイヤー II かインダッシュ6チェンジャーCDプレイヤー I かだけである 搭載するエンジンはVQ35DE型エンジンのみ
また、バンが昭和54年排出ガス規制対応および一部車種にサンルーフ、本皮シート、テクニクスカーコンポがオプション設定される エンターテイメント機能として内蔵HDD 30GB に最大約3,000曲分もの音楽データを収録可能なミュージックボックスとDVDおよびの再生機能がある
Z18型エンジンを搭載する 本車種のエントリーカードは「SKYLINE」のロゴが入った専用品であったが、後に他車種へ展開されたときには「NISSAN」ロゴのみが入った汎用品となった
JTCに7台参戦 このパドルシフトは製とすることで軽量化と剛性の強化を、本革張りとすることで質感の向上を図っている
クーペについても同時に一部改良が行われ、新たに19インチホイールが設定された 5月 マイナーチェンジ
9が使用された 総架装台数は1台、保存車1台、日本国内13台、日本国外4台の計19台であった
クーペはS14型末期およびS15型と「走り重視の硬派スポーツ」というキャラクターが重複し、身内で人気を食い合うかたちとなった バルブ作動角・リフト量連続可変システム• 特徴であるつり目ヘッドライトは、板金型がハンドメイドゆえに誤差があり、左右で角度が若干違っている
2000年10月 GT-Rがマイナーチェンジ 「 今、スカイラインを追うものは誰か」のキャッチコピーも同時に採用し、日産はターボモデルがなかったトヨタ・セリカを逆に挑発した
主な戦績は以下の通り 4秒をマーク
30

10月 第32回東京モーターショーに「GT-R オーテックバージョン 40thアニバーサリー」を出展。

発売後、NISMOからは400Rと呼ばれるコンプリートカーが限定車として44台販売された(限定台数は99台であったが、その前に販売が終了)。

翌年発売されるGT-Rのコンセプトカーである。

キャッチコピーは「史上最高のスカイライン」。

ポール・ニューマンバージョンの 1983年10月 日本初のAT専用グレードであるNAの豪華仕様「2000RS-X(DR30XFE型)」、および15インチアルミホイール、ブロンズガラス、専用ステッカーを装備する「2000ターボGT-E・S ポール・ニューマン・バージョン」(HR30JFT型)を追加。

3代目(C10型) [ ] スカイライン2000GT-R '71日本グランプリレース大会出場車両のレプリカ 1969年5月 「'69グランプリレース大会」クラブマンレース・特殊ツーリングカークラスでGT-R(PGC10型)がデビュー。

1966年にプリンスが日産自動車と合併した後も車名が引き継がれ、2020年現在、日産車の中では唯一プリンス時代から継続生産されている車種である。

また、標準モデルにGT-Rのエンブレムをつけたりバンパーを移植するなどして、GT-Rっぽく見せるチューニングも多く行われることからGT-Rのスタイルの人気が伺える。

ちなみにR32型で参戦予定していたレーシングカーはFRと4WDの2台製作され、ほぼ完成状態まで来ていたが先述のホモロゲーション問題により参戦が不可能となった時点で解体され産業廃棄物として処理されたという。

22 85