ミッドウェー 海戦 敗因。 知っていましたか? 近代日本のこんな歴史

日本側の被害は軽微でしたが、東京を空襲されたことのショックは大きく、防衛体制を強化することが早急に求められました 日本でも、ミッドウェー海戦の後、それまで低調だったレーダの研究開発は、おおいに奨励されました
これにより日本側の参加空母数が減ることとなったが、それでも隻数の上では4対3(日本軍は、エンタープライズ、ホーネット、出現可能性考慮)と、アメリカ軍より優勢であった ちょうどアメリカ軍ミッドウェー基地航空隊が南雲機動部隊を攻撃している最中であり、日本軍攻撃隊は母艦上空での待機を余儀なくされている
史上初の空母同士のサンゴ海海戦経験者をせめて配属してほしかったのですが 一方、戦闘詳報(功績調査用に書き直されたもの)では、午前4時45分(7:45)に魚雷から陸用爆弾への兵装転換を一時中断したとあり 、南雲司令部は発信から約10分後に受信したという意見もある
ミッドウェー攻略の次の日から始まっており、アメリカの主力および空母はハワイ諸島の南東450から西方に急進中の状態から立ち上がった 各空母からの発艦機数は、赤城から零戦9機、九九艦爆18機、加賀から零戦9機、九九艦爆18機、蒼龍から零戦9機、艦攻18機(800キロ爆弾装備)、飛龍から零戦9機、艦攻18機である
日本時間午前4時53分 07:53)、戦艦霧島から敵機発見を意味する煙幕が展開され、少佐が指揮するミッドウェー基地のアメリカ海兵隊所属16機が艦隊上空に到達した 空母部隊から派遣した偵察機が空母らしき艦隊を見つけて打電、空母艦隊の南雲中将たち指揮官たちは大慌て、空母飛龍の艦長の山口多聞少将は、地上攻撃の爆弾のままのアメリカ機動部隊の攻撃を提案しますが、戦闘機の護衛が不備の理由で却下
もう一つは 連戦連勝による日本軍の驕りもあります 搭乗員の戦死者は機上・艦上合わせ7名である
3
結局、南雲は二兎 ミッドウェー島攻略と米機動部隊撃滅 を追う作戦として行動を開始する しかし南雲機動部隊は傍受しておらず、予定通りに作戦を続けた
軽巡洋艦1隻と駆逐艦8隻で周囲を固めます 珊瑚海海戦で、戦略的敗北を喫した日本 こうして史上初の空母VS空母の戦いは終わった
敗因は日本軍の情報戦誤認と無レーダー 1942年6月4日、アメリカ海軍は数で勝る相手に対して希望の持てない、しかし放棄することのできない戦いを強いられ、海戦史の中で勝敗を決する最も決定的な戦いの一つと言える戦いを勝った 全員が共通の危機意識を共有する事が現場レベルでどれだけ大事かを学ばされるウィンタースポーツです
(「」節を参照) 午前2時15分 05:15 頃、アディ大尉が操縦するPBYカタリナ飛行艇は日本軍(利根4号機)を発見 、近くに日本艦隊がいると判断した大尉は付近を捜索した結果、15分後に南雲部隊を発見して「日本空母1、ミッドウェーの320度、150浬」と平文で報告した この作戦はミッドウェーを叩くのが主目的でなく、そこを衝かれて顔を出した敵空母をつぶすのが目的なのだ
怪しい徴候をつかんだらくれぐれも頼む」と出撃前に何度も確認していたという 5月7日 空母損失により放棄された
10時54分、飛龍は最初のアメリカ艦隊への反撃のための攻撃隊を発進させた 日本軍の敗因から探る 参加兵力は日本軍が圧倒的でしたが、ミッドウェイ近海に限定するとやや日本有利でといった程度の戦力です
これは、当時第一航空艦隊参謀長だった草鹿龍之介(くさかりゅうのすけ)が1949年に発表した文章で広まった説ですが、アメリカ軍の攻撃を受けた際にはまだ発進の準備は整っていなかったとする者もいて、「運命の5分間」は抽象的な意味だといわれています ただ飛び立ち、ただ撃墜された攻撃隊 米機動部隊も日本機に気づき、猛烈な対空砲火を始めた
すぐに筑摩5号機から「敵空母の位置味方の70度90浬、我今より攻撃隊を誘導す0810」との連絡があり、飛龍第一波攻撃隊の誘導を開始した 一方、アメリカ軍はこれが初陣であるという兵士が大半
6